ごあいさつ

 イデアサイコロジーのサイトに来てくださりありがとうございます。元臨床心理士・イデアサイコロジー主催者の春井星乃です。

 ここで自己紹介も兼ねて、なぜ私がイデアサイコロジーをはじめることになったのかについて、お話させていただきたいと思います。

 私は中学生の頃から、「人間の性格はどのようにして作られるのか」ということにとても興味がありました。

 家族や周囲の人たちが、自分とは全く異なる、ある一定の感情・思考・行動のパターンを持つことがとても不思議だったのです。

 

 なので、大学では心理学部に入り、大学院にも進んで研究者を目指していました。でも、研究を進めるにつれ、私がどうしてもしたかった「性格の成り立ち」についての研究をすることは日本の心理学界では難しいということが分かりました。

 心理学で性格研究というと、性格をあるタイプに当てはめて説明しようとする「類型論」(ユングのタイプ論など)、性格をいくつかの要素の組み合わせで説明する「特性論」(ビックファイブなど)という2つの大まかな分野があります

 でも、これらは、成長後のある特定の時に外から見える性格特徴を捉えるための方法であって、生まれたときからどのように性格が形成されるのかという問題は考えません。

 また、性格の形成のされ方について、心理学で一般的に言われているのは「性格は遺伝と環境の相互作用で決まる」ということです。

 最近では、特に海外で遺伝と性格の関係に関する研究は多数出されていますし、環境の影響に関する研究も、乳幼児期の愛着のパターンの研究、兄弟姉妹での生まれる順番の研究など多数あります。

 それぞれの分野で研究は進んではいるのですが、研究の範囲を決め、そこを細かく掘り下げることをするのみで、1人の人間を乳幼児期から全方位的に見て、性格がどのようにできあがるのかを1つの理論として提出するような研究はされていないのが現状です。

 大学院の指導教官からは、私のやりたい研究は「あなたみたいな小娘がやることではない」と言われました(笑)。

 それでもどうしても既存の心理学の研究に興味を持てなかった私は、精神科クリニックで臨床心理士をしながら独自に性格の研究をしていくことを決めました。


 そんな独自の道を行く私が、大学3年生のときに出会って衝撃を受けた性格分析法がエニアグラムです。

 エニアグラムは内容的には先程お話した「類型論」に入りますが、日本の心理学界では研究対象として全く認められていません。なぜかと言うと、エニアグラムはそもそもの提唱者が心理学者や精神科医ではなく、その出自もよく分かっていないからです。

 エニアグラムの性格のタイプ論は、1950年代にボリビアの神秘思想家オスカー・イチャーソが考案したとされています。イスラム教の神秘主義哲学や古代バビロン、古代ギリシャ、グノーシス、カバラの影響を受けているなど諸説ある状態なので、心理学というよりもオカルト・スピリチュアル系に近いものとされてしまっています。

 しかし、そんなエニアグラムが、今まで私が勉強してきた性格に関するどの理論よりも、私自身や私の周囲の人たちの思考・感情・行動のパターンを正確に言い当てていたのです。その時の衝撃は非常に大きなもので、私はエニアグラムがどうしてこんなに人間の性格を言い当てるのかを無我夢中で研究してきました。

 そこから臨床経験と研究を積み重ねて確立させたのが、現在のイデアサイコロジーです。イデアサイコロジーの「イデア」という言葉は、哲学者プラトンの「存在の根本構造」を意味する「イデア」という用語をお借りしたものです。

 イデアサイコロジーは、「人間の性格の根本構造を明らかにすることで1人1人を深く理解し、すべての人がより幸せな人生を生きることを可能にする」ということを基本的なコンセプトとしています。

 イデアサイコロジーのロゴマークは、プラトンが著書『ティマイオス』で紹介した「プラトン立体」の中の1つである「正20面体」をモチーフにしています。